鼻の毛穴をなくす方法|私が実践する毛穴をなくす方法

鼻に限らず、肌のざらつきが気になったときに、毛穴よごれを取り除く毛穴クレイパックというのを使っていました。洗顔の後、クレイパックを顔の上にのせて指の腹でクルクルとこすると、カスができて、肌の汚れといっしょにポロポロ落ちてきれいになり、顔全体がツルツルになりました。そのあとの化粧ノリはとてもよいです。普通の毛穴パックよりもクレイパックの方が肌に優しい気がします。毛穴パックは、完全に乾いてから時間をおいて剥がさないといけないので、時間がかかりますが、クレイパックは顔に乗せてクルクルしてカスが出たら洗い流すだけなので時間もかからず簡単です。洗い上がりも気持ちよく、肌はすべすべつるつるになります。

顔全体的には乾燥肌なのですが、小鼻の周りは脂っぽく毛穴が詰まって黒ずみ目立つ状態でした。最初にやった解消法は毛穴パック。はがした時に毛穴に詰まったものが取れているのを目で確認できたので、毛穴の状態がよくなると思って続けていたのですが、次第に小鼻の皮膚自体が荒れた状態に。そこで現在は、泡立ちがよくて吸着力が高い「毛穴やいちご鼻に特化した洗顔石鹸」を使って顔を洗っています。その後毛穴を引き締めるため、収れん化粧水をつけています。この方法を始めて半年以上経ちますが、毛穴の黒ずみが薄まり目立たなくなってきていますし、毛穴が小さく引き締まってきたのを実感しています。

私は友人から勧められて鼻の毛穴からニキビのように出てくるのを削り取る器具を使っていました。それからボロボロと出てくるのにハマって毎日のようにやるようになりました。鼻の異変に気付いた時には手遅れでした。毛穴がボコボコになり化粧をしても浮いている感じになり化粧も憂鬱になりました。毛穴から何か出ている状態だったので友人に炎症が起きてるのではと言われてからはまずは余り触れないように優しく洗顔をするようにしました。水で洗ってお湯で洗ってなども試して化粧落としも種類を変えてからいつの間にかマシになってきました。

毛穴をなくす

中高生のときは、鼻の黒ずみが気になって、鼻のシートパックをよくしていました。シールのようなもので、5分ほど濡らした鼻にはり、はがすと角質が取れているのが目に分かるものです。けれど、今使っている化粧品メーカーのサロンの人にそのシートパックは角質はとれるけど、毛穴が開きっぱなしになりまたそこが黒ずみになっていくので、改善しないと言われました。確かにそのパックをしても、そのときはいいのですが数日経つとすぐに黒ずみができていました。今は、使っている化粧品のパックをしていてクリームタイプのもので、数分置いて洗い流すものです。角質が取れたことがシートパックほどは分かりませんが、今そのパックを週に1〜2回して改善が見られています。

小鼻の黒ずみが気になっていて、洗顔の回数を増やしてみたが、ほとんど変わらずに悩んでいました。それから、小鼻の黒ずみに効く方法を色々調べてまず実践したのが毛穴パックでした。パックを?がすと毛穴ぬ詰まっていたものが、パックにくっついて剥がれて、効き目が実感出来ましたが、間隔をあけるとまた元どおりになってしまい、改善しているのかよくわかりませんでした。一番効いたのは、泥の成分で出来た泡の立たない洗顔料です。塊を少量のお湯でマヨネーズぐらいの硬さを目安に溶かし、顔に塗った後、乾くまで放置します。毛穴の黒ずみも改善したし、さらに肌がワントーン明るくなりました。

母も妹も小鼻の黒ずみがあり、母に関しては潰して出していたり毛穴パックをしていました。似たような肌質だったので、毛穴パックをしたり、毛抜きで出てきている毛穴の角質を摘んで取るなどしていました。でも段々出てないけど黒くなっている毛穴を毛抜きで無理やり押し出すという、とても良くない方法を取っていました。そんなことを中学生頃からしていたので今では毛穴が大きく、小鼻の黒ずみが目立つようになったと思います。毛穴パックは一時やり過ぎ、小鼻の横の皮膚が薄くなって痛くなってしまい、良くなかったと思います。あまり無理なことをしてはダメだと分かってから、洗顔は泡をよく立てて擦らないように洗ったりと、気を使っていると思うのですが、開いてしまった毛穴が完全に戻ることはないのでどうしても黒ずんでしまいます。今では中学生の時の自分に後悔しています。

毛穴をなくす